top of page
  • 執筆者の写真翔 山﨑

【企業訪問】前山倉庫株式会社



2022年1月18日、


茨城県坂東市が誇る倉庫事業者、前山倉庫様にお邪魔してきました。


前山倉庫様は従業員数250人(グループ全体で500人)という、坂東市随一の倉庫事業者です。関連会社に運送会社を持ち、倉庫業の枠に捉われない柔軟で大胆な経営をされていらっしゃいます。


縁あって、前職でお世話になった名越主任を頼ってご訪問しました。

名越主任は3年ほど会わない間にすっかり精悍な顔つきになられて、僭越ながら、どこか逞しくなった印象を受けました。


応接室に通していただき、この3年私が何をしていたのか、などひととおりお話しさせていただいた後、話題はだんだん昔の苦労話に。


3年前、私は外資系のEPC企業とお付き合いしていましたが、外資系らしく狭小な日本国内の道路や敷地の状況を知らないため、海上コンテナをそのまま現場に持ってくるから何とかしてくれと言われ、とてもではないがどうにもならないと頭を抱えていました。

コンテナ1本くらいならいいのです。

総数で百数十本に至るのではないかという物量で、足元の悪い現場でさばける量ではありまあせん。そもそも荷下ろしすらできるかどうか。


そこで知人を頼って紹介していただいたのが前山倉庫様。

海上コンテナを引き受け、デバンして倉庫で保管し、随時現場に配送してほしいという、今考えたら滅茶苦茶なご要望をさせていただきました。

私もテンパっていたのですね。


当時は知らなかったのですが、この前代未聞の要望に前山倉庫様内でも議論が紛糾。ただ将来を見据え、やってみようじゃないかという社長様のご英断で、白羽の矢が立ったのが若き営業部のホープ、名越主任であったということだったのでした。

全然知りませんでした。

いつ行っても石下の倉庫にいらっしゃるので、何ならこの倉庫のご担当なんだな、と思っていました。

その節は大変失礼いたしました。


当時は大変でした。12か月で13個のメガソーラーを建設するという大事業で、受変電設備を1月に1台くらいのペースで据えていました。

身体が何個あっても足りないくらいの忙しさの中、当時は工事現場に搬入した経験などない前山倉庫様が知恵を絞って対応頂いていたことも、この日初めて知りました。

そのうち、罰が当たりますね。


「あの時の経験があったので、工事現場の搬入の仕事も今はしているんですよ。本当にいい経験でした」という名越主任の笑顔を、ちょっとまともに見ることができませんでした。


名越主任。

どうか懲りずに今後もお付き合いいただけますと幸いです。

本当にありがとうございました!


【企業情報】


■社名 前山倉庫株式会社

■設立 1974年

■従業員 250名(グループ全体500名)

■本部事務所 〒306-0617 茨城県坂東市神田山1129

■本 社 〒306-0616 茨城県坂東市猫実1537

■事業内容 

1. 一般倉庫業(保税蔵置場許可取得)

2. 一般物品の包装加工業務

3. 自動車運送取扱業務

4. 一般区域貨物自動車運送事業

5. ヘリポート管理、運営事業

6. 産業廃棄物の収集・運搬事業

7. 人材派遣業務・請負業務

 ※労働者派遣法に基づく情報公開は こちらのPDF をご覧ください

8. 広域物資拠点施設

 ※神田山倉庫、石下倉庫(災害時の救援物資集配拠点)

9. 医療機器製造業(包装・表示・保管)

10. 高度管理医療機器販売業

11. 再生可能エネルギー事業



閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page