CSR

​働き方改革 - 完全週休二日制の導入 -
01-tate.jpg
当社では、実現が難しいと言われてきた建設現場での完全週休二日制を2017年4月1日から導入しております。
ICTの積極利用やシステムのクラウド化、リモートワークサポート等の働き方改革をすすめ、人材を確保しつつ、多くの関係者様のご理解とご協力により、工期も遵守し続けております。

また当社では有給休暇の取得を促進しており、取得状況を公開しております。
下記レポートを、定期的に更新していく予定です。


2021年には、茨城県より働き方改革優良企業に認定されました。
今後も全社員一体となって、働きやすい環境の実現に向けて改革を進めてまいります。
02-tate.jpg
日本財団が運営する社会貢献自動販売機を弊社資材置き場出入口に設置しました。
ドリンク1本につき10円寄付をする多くの方が参加できる寄付プロジェクトです。

「みんながみんなを支える社会」を合言葉に様々なプロジェクトへ参加していきたいと思います。

​詳細はこちら
03.jpg
3R「Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)」を基本とし、環境負荷の少ない企業活動を目指します。

様々なものを作る建設産業では多種多様な廃棄物が発生します。環境保全のために、産業廃棄物の再利用・再生利用や適正処分を確実に行い、環境負荷の低減に努めます。

​詳細はこちら
05-tate.jpg
地球温暖化や廃棄物の増加など,深刻な環境問題の解決のため事業所による環境負荷を低減する取り組みが不可欠となっています。
茨城県では、より取り組みやすい環境マネジメントシステムとして「茨城エコ事業所登録制度」を運営し、環境への負荷の少ない循環型社会づくりを目指しています。

倉持建設工業はこの取り組みに賛同し、エコ事業所登録を行っています。
環境問題解決の一助となれる事業所を目指し、今後も環境配慮に努めてまいります。

​詳細はこちら
​道路里親認定
04-tate.jpg
市や県が管理する道路において、ボランティアとして環境美化に取り組む「道路里親制度」に認定されています。

茨城県の建設会社として、市民・県民の共有財産である道路を大切にし、地域コミュニティの活性化に貢献していきたいと考えています。

坂東市の詳細はこちら
​茨城県の詳細はこちら